タンパク質で身長を伸ばす

タンパク質は骨を成長させ身長を伸ばす | 子供の成長応援ナビ

タンパク質は成長に欠かせない

タンパク質は、身長伸ばすのにかかせない栄養素です。

 

なぜなら、タンパク質は骨の材料にも、成長ホルモンの材料にもなるからです。

 

その他にも、筋肉や皮膚、髪の毛、DNA、RNAなどあらゆる細胞になります。

 

タンパク質は、いろいろなところで消費されるので、多く摂取する必要があります。

 

特に発育期・成長期には、成人よりも多くのタンパク質を必要とします。

 

タンパク質の効果は歴史でわかる

タンパク質が身長に与える影響は、日本の歴史を振り返るとわかります。

 

仏教の教えが広まったことにより鳥や獣の肉を食べる習慣がなくなったことで、平均身長が低くなりました。

 

仏教が伝来していなかった、さらに昔の古墳時代は男性が162cm、女性が151cm程度あったのが、肉食が禁止された江戸時代には、男性が155cm、女性は143cmとかなり平均身長が低くなってしまいました。

 

タンパク質の多い食事をとらなかった江戸時代は、日本の歴史上で一番平均身長が低い時代といえます。

 

また、戦後、炭水化物中心の日本食から、タンパク質の多い欧米食をとるようになって平均身長がぐんぐんと伸びています。

 

タンパク質はアミノ酸の集合体

私たちの体のタンパク質は20種類のアミノ酸で構成されできています。

 

自然界には数多くのアミノ酸が存在しますが、この中のわずか20種類が複雑に組み合わさってタンパク質をつくっています。

 

これら20種類のアミノ酸は、体内で合成することができず食事からとる必要がある「必須アミノ酸」と、体内でほかのアミノ酸から合成できる「非必須アミノ酸」に分けられます。

 

最近では、アミノ酸の研究が進み、それぞれ個性のあるはたらきに注目が集まっています。

 

タンパク質は骨を成長させる

骨の成長にカルシウムが大切なことはよく知られていますが、実はタンパク質も骨の成長に重要な役割を果たしています。

 

骨を丈夫にするのがカルシウムだとすれば、骨を伸ばす作用があるのがタンパク質です。

 

骨の骨端部の軟骨細胞に成長ホルモンが働きかけると、軟骨細胞が増殖して骨は伸びていきます。

 

この軟骨細胞の原料となるのがタンパク質です。

 

このように、タンパク質は筋肉や血液などを作るだけでなく、骨の成長にも重要な役割を果たしています。

 

タンパク質もまたカルシウムと同様、健やかな骨の成長に欠かせない栄養素なのです。

 

ドクターセノビルは、そのタンパク質を構成している複数あるアミノ酸の一種アルギニンを主成分としたサプリメントになります。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ